スカイツリーの近所にあるパン屋さんから。

 

こんにちは! スモールワールドオンライン英会話の代表、石田です。

 

今年の5月はなんだか安定しない天気が続きますが、写真のように素晴らしい五月晴れの日がずっと続いてほしいですね。

 

さて、今日はちょっと難しいお題を出してしまいましたが、「視点・見方」という英単語が何だったか思い出せますでしょうか?

 

たぶん「出る単」にも出てくる、わりと一般的な言葉ではないかと思うのですが・・・・。

 

 

 

正解をお伝えする前に、なぜ、今回この単語を取り扱おうと思ったかという話をさせてください。

 

私は、昔から活動的で体を動かすのも大好きなタイプだったのですが、なぜか自分の子供にはそれが遺伝せずに、

 

「体育教師ってさー、子供は全員ドッジボールが好きっていう思い込みがあってすごいイヤ」

 

とか言うのです。

 

「え?だって、面白いじゃない? ドッジボール嫌いなの?」

 

「嫌い。楽しいとかいう人の気持ちが分からない。」

 

と言うので、私は驚いてしまいました。

 

「じゃあ、あのさー、昔流行っていたような、インベーダーゲームとか、今だとシューティングゲームって言うの?ああいうの、好きじゃないの?

ドッジボールって、アレと同じじゃない?標的に向かってボールをうまく当てようっていうやつ」

 

と言うと、子供はびっくりした顔で、

 

「そんな風に考えたことない。ドッジボールって、当たって痛いだけの遊びっていう感じ」

 

というので、今度は私がびっくりでした。

 

そうか、運動得意だった私にとっては、ドッジボールは「インベーダーゲーム」のように当てて楽しむものだったけど、子供にとっては「当たったら痛い」というものだったんだ、という衝撃。

 

まさに、同じ物事でも、立場や人によって、全然違う捉え方になるんだなあ・・・と感じ入ったワケです。

 

能天気に、ドッジボールに興じていた私に比べ(しかも、自分は安全な外野にいるが大好きだった)、ウチの子は少しだけ私よりも大人な考えを学習しているな、と感じた出来事でした。

 

-------

そして、この異なる「見方・視点」の正解は perspective でした。

 

異なる視点、で調べると different point of view  と出てくることもあって、こちらももちろん正解です。

「景色の異なる部分」という直訳なので、なんとなくイメージも付きやすいかもしれませんね。

 

そして、英英辞典で perspective を引いてみると、以下のような説明文がありました。

 

Perspective helps us to understand situations from other positions, to consider other beliefs, experiences and view points.

This gives us a better understanding and greater empathy. It reduces bias, judgement and reduces conflict.

 

少し意訳も入っていますが、簡単に訳してみますね。

 

Perspectiveは他の意見を理解する手助けをしてくれるものです。他人の信じていることや、経験やビューポイント(見るところ)を考慮するということだからです。

これは、私たちにとってより深い理解と共感力をもたらしてくれます。バイアス(偏見)や、独断的な判断や衝突を減らしてもくれます。

 

 

異なる視点、と言いたいときには different perspective ということになるかと思いますが、perspectiveという単語それ自体に「(比較して見たときの)一つの視点」というような意味合いが含まれているんですね。

 

さて、本日のブログはいかがでしたか?

この記事が少しでも、あなたの気づきに貢献できたのであれば、嬉しいです。

 

 
いいね! 1人に「いいね!」されています。
読み込み中...
投稿日: May 16, 2022 | 閲覧数: 430 | カテゴリー: