受講者規約

ユーザーは、あらかじめ本規約の内容にご同意の上、本サービスをご利用ください。ご同意いただけない場合には本サービスの利用をお控え頂けますようお願いいたします。

1. 定義

1-1 このユーザー登録規約は、株式会社アクティブプラス(以下「甲」)が提供する「スモールワールド」及び、これに付随するサービス(以下「本サービス」)を、ユーザー(以下「乙」)が利用するためのルールを定めるものです。

1-2 本規約において用いる以下の単語について、以下の意味を有するものとします。
ユーザー(乙);本サービスを自己の学習の目的としてのみ使用する者。ただしユーザーが未成年の場合には、その保護者がユーザーの代わりに本サービスの遵守者となります。 講師;本サービスを利用してレッスンを提供する者
レッスン料;本サービスのうち、レッスンを受講することにより発生する料金
システム利用料;本サービスのうちレッスン予約や講師や教材の紹介など、主にレッスン以外にご提供するシステムのご利用にかかる料金
ポイント;レッスン料とシステム利用料の合計で、本サービスを利用する際の支払い手段としての電磁的記録のこと
当社サイト;当社が運営する最新のウェブサイト

2. 規約の範囲と適用

2-1 乙は本サービスを利用するにあたり、この規約をよく読んだ上で、誠実に遵守するものとします。甲のホームページ上の情報および、甲が乙に対して別途Eメール等で発信する情報は、すべて本規約の一部を構成するものとします。

2-2 本規約の規定と前項の利用規約、諸規定、通知の内容が異なる場合には、当該通知、当該諸規定、当該利用規約、本規約の順で優先して適用されるものとします。なお、当社サイト上での掲示による通知とその他の方法による通知の内容が異なる場合には、後に通知されたものが優先して適用されるものとします。

2-3 変更後の利用規約、諸規定、通知については、甲が別途定める場合を除いて、オンライン上に表示した時点より効力を生じるものとします。

3. 本サービスの利用範囲

3-1 乙は本サービスについて、第三者に対する再使用権の設定、頒布、販売、譲渡、貸与を行ってはならないものとします。

3-2 乙は本サービスの全部又は一部の修正や、それを利用・加工した派生的制作物の作成をしてはならないものとします。

3-3乙は、自己の責任と負担において、本サービス利用に際して必要な通信機器、通信回線をレッスン受講開始前に準備することとします。受講希望者は入会前に下記システム条件を必ずご確認ください。
・マイク付きヘッドセット、またはマイクとスピーカー
・ウェブカメラ
・Skypeが利用できる通信環境
・最新バーションのSkypeソフト

3-4乙は、レッスン契約を申し込む前に、レッスンを提供する講師について情報を十分に確認してからレッスンの申込を行うものとし、講師の身元や提供するレッスンの内容等に疑問がある場合は、本サービス上の講師へのメール機能を使って直接講師に問い合わせるものとします。

3-5 甲は、講師により提供されるレッスン及び講師と受講者との間において相互に提供される情報の査定や管理は一切行わないものとします。甲は講師が掲示する諸情報の真実性、正確性、確実性、信頼性、有益性等については、一切保証しないものとします。

3-6 甲は、講師の作為又は不作為により受講者又は第三者が損害又は損失等を被ったとしても、一切の責任を負わないものとします。

3-7 甲は、乙と講師との間で相互に提供されるいかなる情報及び物品等について一切責任を負わないものとし、乙は、これらの提供・受領によって生じたいかなる種類の損害又は損失等からも甲を免責することにあらかじめ同意するものとします。

4 ユーザー登録と承諾

4-1 乙は、当社サイト上の受講者登録ページの入力フォームに自己の氏名、性別、電子メールアドレス、希望パスワード、居住国その他当社が別途指定する情報を入力し、これを甲が定める所定の方法により、ユーザー登録を行うものとします。

4-2 受講者は、受講者登録申込の際、虚偽の内容を入力してはならないものとします。

4-3 ユーザー登録をした者(登録を前提に仮登録した者も含む)は、ユーザー登録を行った時点でこの利用規約の内容を承諾したものとみなします。

4-4 IDとパスワードの管理は利用者の責任とします。乙は、当社サイトのID、パスワード等を厳重に管理するものとし、第三者への譲渡、貸与等は行わないこととします。ID等の管理不十分、使用上のミス、第三者の使用による損害の責任は、乙が負うものとし、甲は一切の責任を負いません。

4-5 当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合、その理由を開示することなく、ユーザー登録申込を承諾しないことができるものとします。
・登録申込が乙以外の第三者により行われたことが判明した場合
・受講者登録申込時に入力された内容に虚偽、誤記、入力漏れがあったことが判明した場合
・既存の登録者が他の名称やメールアドレスで登録しようとした場合
・本サービスの円滑な運営を妨げる恐れがある場合
・過去において甲より除名処分を受けたことがある場合
・その他、登録申込を承諾することが不適切であると甲が判断した場合

5 サービスの利用開始と期間

本サービスは、甲が乙に対してEメールにより本登録完了を通知した時点で使用期間を開始日とします。本サービス提供の有効期限はありませんが、6ヶ月以上の利用・レッスン予約がなされていない場合は、事前の通知なしに、登録情報を削除することがあります。

6 変更の届け出

6-1 乙は、住所、メールアドレスその他の届出内容に変更があった場合は、速やかに甲に対しその旨を通知するものとします。乙がこれらの通知を怠ったことにより、本サービスの受講に支障が生じたとしても、甲は何ら責任を負わないものとします。

6-2 乙は、甲からの通知等が乙に不到達の場合には、速やかに甲に連絡をするものとする。連絡がない場合は、通常到達すべきときに到達したものとみなします。

7サービスの内容とキャンセル

7-1 乙は銀行振込による支払、乙名義のクレジットカード(当社が別途指定するクレジットカード会社が発行するものに限るものとします。)による支払、PayPal(ペイパル)による支払、その他当社が別途指定する方法によりポイントを購入し、レッスン予約時に乙は当該ポイントを当社サイトにて定められた分だけ消費するものとします。

7-2 乙が予約したレッスンについて、キャンセルフォームより正式な手続きを踏んでキャンセルを申し出た場合には、甲が事前に定めた期限内であれば、甲は乙にポイントを返還をするものとします。なお、レッスンのご予約とキャンセルは、必ず乙自身で行うものとし、甲に直接電話・Eメール等で連絡を頂いても対応できない旨を予め同意しているものとします。キャンセルポリシーについては別途定め、記載をいたします。

7-3講師側の特別な理由で講師がレッスンに出席してこなかった場合、または甲の責任によるトラブルでレッスンが正しく行われなかった場合は、甲が定める、その状況の度合いにあった割合分のポイントを乙に対して返還するものとします。また、レッスンが受けられなかった場合の保障はポイントを返還することで完結し、甲はそれ以上の保障を求められないことに同意するものとします。

7-4 レッスン受講可能時間帯や受講料などについての詳細は甲のホームページ上でご確認するものとします。

7-5 乙の都合でレッスンの開始時刻が遅れた場合も終了時間は定刻といたします。その場合のポイントの返還は行いません。

7-6 乙は、ポイントを第三者に譲渡若しくは貸与し、又は使用させないものとし、その使用及び管理について一切の責任を負うものとします。

7-7 甲は、以下いずれかに該当する場合には、乙に事前の通知をすることなく、ポイントの抹消その他適切な措置をとることができるものとします。
・ポイントの購入代金の支払に他人名義のクレジットカードが利用されたことが判明した場合
・乙が本規約に違反した場合、その他、ポイントの抹消その他適切な措置をとることが必要であると甲が判断した場合

8 ポイントの返還

8-1 乙は前7条2項で定めるキャンセルポリシーに基づいたポイント返還の他にも、以下のいずれかに該当する事態が発生した場合には甲に対してポイントの返還を求めることができます。
・レッスンお申込みの後、甲又は講師側のみの都合でキャンセルされ、その事実に基づき乙が当社に対して甲所定の方法に基づきポイントの返還手続きをした場合
・レッスン中に講師側のみに起因する事由によりレッスン契約で定められていたレッスン時間のうち、返還に相当すると思われる時間分のレッスンの遂行が妨げられ、その事実に基づき乙がポイントの返還を請求した場合(レッスン遂行の妨げについては、甲が事実関係を調査の上、最終的にその判断をするものとし、乙はそれに従うものとします)

8-2 甲側に起因するシステム障害等により、1レッスンの時間が20分を下回ったときは当該レッスンに利用したポイントを乙に返還するものとします。尚、この場合乙は返還の要求をレッスン終了後1時間以内に甲に対し、Eメールにてユーザー名、受講できなかった時間帯、講師名を明記の上通知を行うことが必要です。甲にて障害等の状況を調査・確認し、障害等が認められた場合には、ポイントを返還いたします。乙側に起因するシステム障害や使用ソフトのトラブル・使用ミス等に起因するシステム障害等により、レッスンを受講できなかった場合は、ポイントの返却は行いません。

8-3 中途解約によるポイントの返還については、別途11条の規定に従うものとします。

9 サービスの中断

次のいずれかに該当する場合には、乙に事前に通知することなく、本サービスの提供を一時的に中断することができるものとし、これに起因して乙等が被った損害について一切の責任を負わないものとします。
・本サービス用設備の障害・保守又は工事のため、やむを得ない場合
・火災、停電などによりサービスの提供ができなくなった場合
・地震、噴火、洪水、津波などの天災によりサービスの提供ができなくなった場合
・戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議などによりサービスの提供ができなくなった場合
・その他、運用上または技術上甲が一時的に中断を必要と判断した場合

10 教材の利用

10-1 教材の利用については、乙の希望により、乙の意思に基づき自ら用意した教材を利用するか、または甲推薦の教材を購入してレッスンに活用するものとし、甲指定の教材購入を本サービス利用の条件とはしません。なお、甲推薦の教材を購入した際に、当該教材を利用できる講師がみつからなかった場合や乙の途中解約に起因する場合を含め、いかなる事由であっても、ご購入教材の返品・交換及び購入費用保障等については甲に要求出来ませんので、予めご了承のうえで教材をお求めください。

10-2 講師により、指定の教材がある場合には、当該教材を事前に用意頂くことがその講師の当該レッスン受講の条件となります。ただし、購入後に講師の突然の辞任あるいは指定の撤回等により用意した教材を本サービスレッスンにて利用出来なくなった場合においても、甲または講師は教材用意に要した費用等の保障は行いません。

11 中途解約・返金

11-1 本サービス利用の解約(=退会手続)は、特にございません。第5条に定めるとおり、6か月以上の長期に渡る使用がみられない場合はこちらで削除する場合があります。

11-2 すでに購入済みのポイントについては、レッスン受講の有無、ポイントの使用・未使用を問わず、原則として一切ご返金は致しません。

11-3 定期コース(2018年9月より新規申込受付停止)の場合は、支払い方法が月額課金制であるため、既にお支払いされた料金の返金は致しかねます。解約をご希望の場合は、所定の手続きにより月次課金のキャンセルを行ってください。定期コースは2カ月~のお申し込みになり、自動課金を申し込んだ日の翌月の同日を過ぎたら解約することができます。

11-4 購入済みの有効期限内未使用ポイントについては、乙からの書面(Eメール含む)によるお申し出があり、なおかつ返金を受けるに相当する正当な事情があった場合には本条2項の規定に関わらず、未使用ポイントのご購入金額相当額から下記A・Bの合計額を控除した額を上限十万円を限度として返金します。この際、返金にかかる送金手数料は乙の負担となります。また当該方法により算出された金額が参千円を下回る場合には返金ができません。
A 契約締結および登録に要した費用として五千円
B 解約手数料としてポイントの20%に相当する金額。
・有効期限が過ぎているポイントがある場合には、そのポイント分の払い戻しは行いません。
・キャンペーンその他の事由により無償で受け取ったポイントの払い戻しは行いません。

12 サービスの停止・登録の抹消

甲は、乙が以下いずれかに該当する場合、事前に通知することなく、乙に対する本サービスの提供を停止し、又は登録の抹消を行うことができるものとします。
なお、この場合には甲はすでにお支払い頂いた料金の払い戻しは一切行いません。
また、以下いずれかの行為に起因して甲または第三者に損害が生じた場合には、当サービスの停止後であっても、すべての法的責任を負うものとし、いかなる場合も甲を免責するものとします。

・講師への嫌がらせやレッスンの進行を妨げる等、講師が不快に思う行為を行った場合
・講師や甲及び甲の従業員に、罵倒、脅迫的な行為など嫌悪感を与える行為を行った場合
・講師や甲及び甲の従業員に、卑猥や品性を欠く言動などの嫌悪感を与える行為を行った場合
・甲及び甲の従業員への暴言や不合理な要求など、サポートスタッフの業務を妨げる講師を行った場合
・英語・英会話学習以外の目的で本サービスを利用していると甲が判断した場合
・申し込みに虚偽があった場合
・本サービスにより利用しうる情報を改ざん又は消去する行為又はそれを試みる行為を行った場合
・講師や甲及び甲の従業員、その他関係者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害するまたは侵害を試みた場合
・講師や甲及び甲の従業員、その他関係者を差別若しくは誹謗中傷し、又は名誉・信用を傷つけるまたはそれらを試みる行為を行った場合
・講師や甲及び甲の従業員、その他関係者の財産、プライバシー、肖像権若しくはパブリシティ権を侵害するまたは侵害を試みた場合
・詐欺、わいせつまたは児童虐待に当たる画像や文書等の送信などの法律に抵触する行為を行うまたは試みた場合
・前各号に定める他、法令若しくは公序良俗に反する行為
・他のユーザーや講師、その他の第三者に対して本サービスと競合し、又は競合する可能性のあるサービスを紹介、斡旋等する行為
・過去に本規約違反等により登録の抹消処分等を受けていたことが判明した場合
・その他、本サービスを提供し、又は登録を維持することが不適切であると甲が判断した場合

13 個人情報および秘密情報等の取扱い

13-1 甲が知りえた乙の個人情報は甲の個人情報保護方針に則り運用いたします。なお、乙自身から講師に伝えた個人情報に関しては適用されないものとします。

13-2 本規約に特に定める他、乙は、本サービス利用中はもちろん登録抹消後であっても、本サービスの利用又はレッスンの受講に関連して得られた他のユーザー、講師その他の第三者及び甲に関する一切の情報について、その秘密を厳重に保持するものとし、方法の如何を問わず、これを第三者に開示あるいは漏洩し、また、本サービスの利用以外の目的のために使用をしないものとします。

13-3 乙が本サービスを利用して送信またはアップロードしたファイル、動画、画像等の著作権利は当社サイトへの公開、非公開に関わらず甲は一切の責任を負いません。

14 著作権および所有権

本サービスに関わる商標や記載、およびロゴマークについての著作権、所有権は全て甲に帰属します。乙が複製の使用や再配布などを行なうことを禁止します。

15専属的合意管轄裁判所

本規約に定めのない事項又は本規約の解釈について疑義が生じた事項については、受講者と当社とで誠意をもって協議の上、解決にあたるものとします。甲と乙との間で訴訟の必要が生じた場合、横浜地方裁判所を甲と乙の第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2012年7月31日 制定・施行

2017年5月12日 第12条を改正

2018年6月27日 第11条を改正