モトGPに行ってきました!バイクの数が半端ない!

 

こんにちは。

 

今日は「あちら立てればこちらが立たぬ」という話をしたいと思います。

 

ちなみに、この言い回しの英語表現で同じようなものは無いかな・・・・と探しましたが、ことわざのような形の言い回しは見つけることができず、「そのまんまやん!」という言い回しが紹介されていました。

 

その英文がこちら・・・・

 

 

It’s hard to please everybody. (全員を喜ばせるのは困難である)

 

うーん、何のひねりも面白みもありません。。。。

 

今回のタイトル自体が「英語講師と生徒との埋まらない溝について」という、不穏なタイトルになっているので、せめてここではちょっとウィットに飛んだうんちくを紹介したかったのですが、仕方がありません。

 

さて、本題。

 

スモールワールドでは、年に数回、英検受験アンケートと生徒に実施しています。

また、それとは別にレッスン受講状況などをお尋ねするためにサービス全体についてのアンケートも実施しています。

 

生徒のナマの声はとても大切だと思っているため、このアンケートに書いて頂いた内容を基に、今後のサービスやサポート改良の方針を決めている、と言ってもいいぐらい、重要視をしています。

 

※アンケート結果については、 生徒レビュー(クチコミ)紹介 としてページを作成・ご紹介をしています!

 

今回は、その中で上記のページには記載が出来なかったのですが、実はこんな苦言を頂いていた・・・・という内容を紹介します。

 

中高生のお子様に英検対策をさせていらっしゃる保護者の方からのリクエストで、コメントを以下に転載します。

 

------

初めて体験してみる先生に対して受講料を見直してほしい。だいたい初めてレッスンする先生は自己紹介やどの程度のレベルなのかの確認や、何をしたいのかの聞き取りが多いので、あっという間に1コマ終わってしまいます。どの先生も初回は500円とかレッスン料を考え直してほしい。こちらもその先生がどんな雰囲気の人かわからないのに通常のレッスン料を払うとなると他の方を体験しにくい。

------

 

まとめると「初回レッスンだけは割引をしてほしい」という内容ですね。

 

私も生徒の立場であれば、そう思うかもしれず、この方の言い分はもっともだと思いました。

 

そして、そんなことをご考慮頂きたいと思って、スモールワールドでは昨年の12月にサイトをリニューアルしまして、同じ先生であっても「レッスン内容(プログラム)」毎にレッスン料を変更できる仕組みに変更しました。

 

※それまでは、同じ先生のレッスンであれば「英検対策」でも「フリートーク」でもすべて1コマ●円という一律料金でした。

 

そして、レッスンプログラムのカテゴリーでも、わざわざ、「初回価格」が設定しやすいように「体験・スキルチェック」というカテゴリーを新設したのです。

 

 

それは素晴らしい!!!

 

ですよね!!!

 

・・・・・・ですが・・・・・。

 

運用開始から1年近くが経ちますが、残念ながらこの「体験・スキルチェック」カテゴリーでレッスンを作成してくださっている先生で、このプログラムだけを「お得価格」にしてくださっている先生はほとんどいらっしゃらないのが現状です。

 

どうしてなのでしょう???

 

実は、先生側から過去に2人、以下のようなお悩み相談を受けています。

 

「体験を1000円(仮)、試験対策レッスンを1200円(仮)でレッスンを作成しているんだけれど、生徒が初回でもないのに体験で予約をしてきて、実際には試験対策をやってほしいと言われることが多く困っています」

 

というような内容です。

 

どうやら、生徒さんのなかには、よくレッスンの内容を読まずに「とりあえず一番上にあるレッスン」とか「一番安いレッスン」で予約を入れておいて、あとはマンツーマンだし、オーダーメイドでレッスンは自由にリクエストできるんでしょ?と思ってしまう方もいらっしゃるようなのです。

 

私も、オンラインサービスを利用するときには、それほどじっくりとルールやサービス規定を読まずに突き進んでしまう性格なので、このような人たちのことも責められないのですが、、、、やっぱり先生にしてみたら大変困惑するのも分かります。

 

「今回のご予約では試験対策はできません、と言ってみてはいかが?」とアドバイスをしてみたのですが

「予約は親がしていて、目の前には何の罪もない子供がオンライン上でテキストを用意して待っているのでそれは出来ない」とのこと。

 

これまたごもっともです。

 

ということで、こちらの先生方2人については、すべてのレッスンを「同一価格」にすることによって、悩みを解消させた形になっています。

 

せっかく作った「体験・スキルアップ」のカテゴリーですが、このような一部の困った方がいらっしゃるために活用が出来ないというケースもあって、ため息をつくばかりです。

 

こちら(英語講師)もあちら(生徒)も、どちらも満足させることが出来ないものか・・・、この秋以降の課題にしてアイディアをひねり出したいと思っています。

 

どうぞよろしくお願いします!

 

 

 
いいね! 2人に「いいね!」されています。
読み込み中...
投稿日: Oct 04, 2022 | 閲覧数: 301 | カテゴリー: