元講師がオンライン英会話を25社以上受講して比較!

Duolingo English Testを受けてみた!受験してみて思った率直な感想

Duolingo English Test 受けてみた

偏差値40の公立高校からイギリスの大学を卒業した元英会話講師のJINです。

JIN

結論から言うと、Duolingoは攻略が非常にしづらい他とは違うテスト!メリットもデメリットもあります

この記事の結論

「Duolingo English Testに興味があるんだけど、受けてみた人の感想が知りたい・・・」

そんな疑問を抱えていませんか?

結論から言うと、Duolingoは用途が似たようなIELTSやTOEFLといったテストとはまったく異なるテストです。

メリットもデメリットも色濃く両方ある

今回の記事では、「Duolingo English Testを受けてみた感想」にフォーカスして記事を進めていきます。

Duolingo English Testを実際に受験された、アメリカの大学卒業者であるRikoさんにインタビューをして記事を作成しました。

【2024年】プロがオンライン英会話おすすめ30社徹底比較|目的別ランキング形式で紹介

この記事を読むメリット

  • Duolingo English Testを受けてみた感想を知れる
  • 自分に合っているかどうかがわかる
  • 実際に受験した方の意見を基に作成
アオイちゃん

IELTSやTOEFLとはどう違うの?

JIN

問題形式から英語力の測り方まで違うし、特化した対策をしづらいのが大きな特徴だね

スマホ対応のおすすめオンライン英会話【2024年】!iphone対応・初心者向けのサービスを徹底比較

タップできる目次

Duolingo English Testを受けてみた!受験してみて思った率直な感想

「Duolingo English Test」はまだまだ認知度の低いテストです。

これから受けてみようか迷っている方も多いはず。

ここからは、私が実際にDuolingo English Testを受けてみて思った率直な感想を、4つの項目にわけてご紹介します。

他の英語の試験と比較してもう一度受けたいと思う?

まず率直に「もう一度受けてみたいか」と問われると、頻繁に受けるようなテストではないと思っています。

例えば、仮にまた留学の機会ができたらもう一度受けてみたい程度。

とはいえ、英語のスコアを教育機関に提出しなければならない場合、Duolingoであれば思い立った時にすぐにどこでも受験できるところが便利です。

転職や試験などでTOEICスコアを日本の企業では求められるが、これからDuolingo English Testがもう少し周知されれば、Duolingoが1番受験しやすい英語の試験になっていくはず

次に、Duolingoはお試しで受験しやすいという利点があります。

TOEFLやIELTSなどの受験料と比べると格段に安い上、試験の長さもそこまで長くありません。

話す・聞く力が問われている問題に関しては、TOEFLよりもずっと簡単な内容が出題された

必ずしも簡単な内容のテストを受験することが良いとは言い切れませんが、テストを受けること自体へのプレッシャーはかなり軽減されます。

ただ、気軽に受けられるとはいえ頻繁に受験する必要はないと感じたのも事実です。

英語の基礎力を上げないわけには、点数は非常に伸びにくく点数の変化を見るのは難しい

あくまでも、就活や留学で英語力を示す機会がある場合に受験すると良いですね。

アオイちゃん

気軽に受けられるのが一番の強みってところかな?

JIN

そうだね、自宅受講型のテストだからテスト会場でのプレッシャーとかは少ないかな

実際Duolingoのスコアは役立った?

TOEICスコアと比べると、Duolingoが役立つ機会はそこまでありません。

国内で広く知られている英語試験は英検とTOEIC。

特にTOEICは社会人の受験者数も多く、企業側も何点でどの程度英語力があるのかといったようなことが想像しやすい

例えば、日本で仕事をしていても、Duolingoの認知度はまだまだ低く、「このテストはどんな内容とレベル感ですか?」と企業側から質問されるほどです。

もう少し社会的な認知度が増えてくると受験の価値も上がってくると予想しています。

現時点では、留学を控えている場合にもっともスコアが役立ちます。

アオイちゃん

まだまだ認知されていないテストなんだね・・・

JIN

だからこそ、Duolingo English Testを受ける目的は事前に考えておきたいところ

Duolingoのテストが向いている人・不向きな人

Duolingoの受験が向いている方は、「留学を控えている人」や「外資系や海外での転職を直近で控えている人」と感じました。

海外の教育機関と多く提携しているため、入学するための英語力を示すための試験としてはオススメです。

私自身、留学前にTOEFLスコアを取るのに苦戦し、受験料も結構な額を支払ったため、もし次回大学院などに留学が決まった際はDuolingoのスコアを使おうと思っています!

ただしこんな人は他の試験がオススメ
  • 長い目で見て英語力の基盤を作りたい人
  • 日系企業の転職を控えている人
  • しっかり試験対策をしたい人

コミュニケーションツールとして海外で「使える」英語力をつけていきたい方にDuolingoはあまりオススメできません。

英語力を日本国内でアピールする場合もインパクトに欠けます。

必ずしもDuolingoのテストとしての世間からの信頼が足りないというわけではなく、認知度が高くなく今のところ受験者数も他の英語の試験と比べるとそこまで多くないため、企業に提出するスコアとしては場合によって不足になる

さらにDuolingo対策の教材等が、書籍やプログラムとして世の中に広まってはおらず、YouTube等でチュートリアルを検索してみても参考にならない点も欠点です。

英語力をつけることが目的でDuolingoの受験を考えているのであれば、代わりにTOEFLIELTSの受験をオススメします。

日本国内で英語力のアピールをする場合は現状TOEIC一択

多くの企業で「英語運用能力がある」ことを認めてもらえる材料になりますし、企業によってはTOEICの試験に補助金を出してくれるようなところもあるためです。

アオイちゃん

Duolingo English Testでは英語力が伸びないってこと?

JIN

そうだね、どちらかというと英語力を測るテストで対策素材も揃っていないから、英語力をつけるのであればIELTSが現状一番オススメかな

IELTSに興味がある方は、以下の記事をぜひご覧ください。

Duolingoは唯一楽しんで受けられる英語の試験

一方でTOEFLやIELTSはどうしても、長時間問題と向き合い、ストレスフルな環境の中で問題を進めていかなければならない場合があります。

ただ、Duolingoには今まで英語試験でいつも感じていたストレスは感じませんでした。

もちろん難しい問題も出題され、他の試験と同じように解答に制限時間が設けられていることには変わりないが、シンプルな出題形式で写真や絵がはっきり見えるので、ゲーム感覚で進められた

Duolingo English Testの難易度については、以下の記事で解説しています。

特にテストの中で印象に残っているのは、単語と自分の意見を述べる問題です。

単語の意味をただ答えるだけという問題ではなく、「実際にこの世に存在している英単語かどうか」を判断する問題はインパクトがありました。

ほとんどの人が今までの英語の試験で見たことのない内容

私はDuolingoを受験する際に事前のトライアルのテストしか準備をしなかったので、いきなりこの問題が出てきた時には正直拍子抜けしました。

語彙力に課題を感じていたので、やはり知っている単語を増やしていくことが大事だと改めて感じさせられましたし、色々な分野の新出単語に興味を持ちたいと受験後の今は思います。

自分の意見を述べる問題も出題内容は、実生活に沿った内容が出題されたのでTOEFL iBTとの出題形式の差が大きい

どちらかというとTOEFLはアカデミックな内容で、100%論理的に答えなければならないようなプレッシャーを感じますが、Duolingoの場合は少し抽象的な解答でもある程度の結果になりました。

あくまでも憶測ですが、流暢さや理解してもらいやすく表現できるかにDuolingoは重きを置いている気がします。

自身の性格や社会貢献の方法についてインタビューを受けているような感覚だった

意外と楽しみながら進められましたし、試験時間も本当にあっという間に過ぎていきました。

公式なスコアとして留学先や就職活動で英語力の証明を認められるのであれば、ぜひDuolingoもオススメできるテストです。

アオイちゃん

なるほどねー結局はDuolingo English Testが自分の目的と合っているかどうかが重要なんだね!

JIN

留学目的なら、Duolingo English TestのスコアがIELTSやTOEFLの代わりに使えるのかはぜひ確認しておきたいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

タップできる目次