英語を歌で学ぼう!

英語+α

発音、記憶力up!

英語を歌で学ぼう!
レッスン回数 25分×週1回~
対象者 どなたでも

英語が中々覚えられない!という方はよくいらっしゃいます。
では歌ではどうでしょうか?歌???
例えば、ビートルズのイエスタデイ(若い人は知らない人もいるかも...)はどうでしょうか?
Yesterday.All my troubles seem so far away...とすらすら出てくる人が中にはいらっしゃるのではないでしょうか?
これは何を意味しているでしょうか?つまり、左脳(理論を司る)だけを一生懸命使って、文法やら単語やら机に?付いて覚える(これでは拷問のようで英語はつらいと思う)より、右脳(芸術を司る)も同時に使い英語を楽しみましょうというのが趣旨なんです。
実はこの方法、単語だけでなく一文丸ごと覚えれますから、特に英会話に応用するのに最適なんですね。

更に!!!朗報があります!
それは、発音の強制にまたとないいい方法なんですね。
例えば!冒頭のYesterdayですが音符いくつ付くと思いますか?たぶん三つだと思います(恐らく)。
でもどうでしょうか。日本語でまともに言うと{い・え・す・た・で・い}あれれ?!六つですね。
不思議ですね・・・。なぜだか分りますか?
これは日本語の構造でしょうがないんです!というのは一つ一つの文字の発音に母音(a・i・u・e・o)が付くからなんですね。
これは何を意味するかと言うといわゆる’Janglish’詰まり、上文で出た’いえすたでい’なんですね。もしこの調子で歌うと段々後ろにずれてしまい、’字余り’になってしまいます。皆さんの中にも英語の歌に挑戦して、アレレ合わない!とあせった人もいると思います。ですから、英語の母音も意識しなくてはいけないんですね。これは発音矯正に、抜群の効果を発揮します。
でもご安心ください!恥ずかしい人は歌わなくて結構です。歌を意識するだけで随分違います。
でもお子さんであれば喜んで歌うと思いますので、若い人には特に効果的なんですね。

歌は(過激な内容等はご勘弁を)リクエストにお応え致します。
歌詞(楽譜つきであれば最高!)はサイト等から準備して頂き、YouTube等を利用して頂いてその歌手の歌声で’真似’て頂きます。なぜかって?それはネイティヴを聞き分けるヒアリングをUpする相剰効果が発揮されるんです!!!

それでは、Let's learn English from a song!

★レッスンの開講日時も上記ボタンからご確認いただけます。
スケジュール確認には会員登録が必要です。こちらから新規会員登録をお願いいたします。
会員登録は無料です。
Kumasan 先生

講師:Kumasan 先生