\ 最大10%ポイントアップ! /

著者プロフィール

タップできる目次

JINさん

JIN

英検1級を一発取得した英検1級元英語講師のJINです。

偏差値40の公立高校からイギリスの大学を卒業。
イギリスの大学を卒業した必須が主に英語学習法、留学、イギリスに関して記事を書いています。
実際に5年近くイギリスに住んだからこその生の情報をお伝えしていきます。

1993年

愛知県生まれ

2009年

田舎にある偏差値40台の公立高校に進学

10年以上経った今でも「運よく救われた、生かされた人生」と思い返すだけで尋常じゃない活力が沸く

2011年

英語を独学ではじめる→日本英語検定2級取得

2012年

IELTS 6.5取得→高校卒業

2013年

イングランド東部にあるイーストアングリア大学に入学

2016年
2017年

大学卒業&本サイト開設

2020年

イギリス時代から付き合っていたイギリス人と結婚

2022年

株式会社SCRATCHH設立

英語遍歴を中心にして簡潔に書きましたが、2016年以降は英語講師、オンライン英会話講師、英日翻訳者などに従事してきました。

結論、英語を必死に頑張り抜いたからこそある今の人生だと思っています。

英語に出会う前の自分

中学時代は5段階評定で1の教科も3年次まであり、高校に行く気すら1ミリもありませんでした。

しかし、自分の不注意でしかないのですが、中学3年のときに増水した川で溺れて運よく助るという事故が起き、後悔しないように高校に行ってみようと思い、当時の自分なりに勉強してなんとか田舎にある偏差値40台の公立高校に進学。

10年以上経った今でも「運よく救われた、生かされた人生」と思い返すだけで尋常じゃない活力が沸く

とはいえ最下位での合格だったので、最初の定期テストの科目全体で学年全体で下から2番目。

複数の教科で落第し、高校1年にして留年を賭けた追認試験を受けました。

英語に興味を持ったキッカケ

英語に興味を持ったのは17歳の頃。

表向きには「海外ドラマにハマったから」という理由で通し続けてきましたが、実際は美人の英語教師が赴任してきたという低俗な理由から態度を改め、「英語できたらカッコよくね?」と思っただけなのがホンネ。

本気でそれ以上でもそれ以下でもありません。

くだらないキッカケながら英語をなんとなくやっていくうちに英語自体に興味が出てきて、徐々に洋画、海外ドラマ、洋楽などにのめり込んでいった

正直この出会いがなければ英語なんて勉強してなかったし、海外にもまったく興味なかったです。

「恩師は誰か?」「人生が変わった瞬間は?」と言われたら、自分の人生ではこの人との出会い以外ありえない。

もしあのとき、あの先生が赴任してこなかったらと思うと恐怖すら感じる

たった1年しかいなかった非常勤講師の方でしたが、人生の選択に関わる部分で他人から影響を受けたのは、後にも先にもこの経験以外ありません。

高校にすら行く気がなかった人間なので、大学なんて一度も考えていませんでしたが(行けるような成績でもなかったワケですが…)英語の勉強だけは独学で続けていたら、英語の成績だけ異様なくらいに上達していることに気づきます。

ただ「日本で英語学んだって意味ない」という英語がまったくできない母からの何気ない言葉により火がつき、この1年で英語のレベルが海外の大学に行けるレベルにならないなら大学は行かない、大学入試も一切やらないという決意を固める。

ひと夏勉強をして2011年11月TOEFLを受けるも49点(TOEIC換算480点)という絶望的な点数を叩き出してしまう。

その後ありとあらゆる勉強法を試して自分で考えに考え抜き、遊びは一切封印して図書館に籠り続ける。結果的に、絶望のTOEFLからたった3ヶ月後にIELTSを受け全体6.5点まで成長させ、ターゲットにしていたスコアを上回ることに成功しました。

高校卒業からイギリスの大学卒業まで

高校卒業後はすぐに朝昼に運送会社、夜にバーで毎日働き資金を作り、20歳の年にイングランド東部にあるイーストアングリア大学に入学。

休学して1年日本に戻って働くなど紆余曲折ありながらも2017年に同校を卒業。

ライフタイムラーナー編集者

中3からオーストラリアに4年間留学し、オーストラリアの高校を卒業。
オーストラリアで学んだ英会話スキルや帰国後に利用したオンライン英会話の情報についてお伝えしていきます。

タップできる目次